神戸北野異人館 ラインの館

ラインの館について

ラインの館 ラインの館

楓のみどりがクリーム色の外壁に映えて、庭園と一体になった憩の空間がそこにあります。
この建物は大正初期の建築ですが、木造2階建下見板張りオイルペンキ塗りで、開放されたベランダ、ベイ・ウィンドー、軒蛇腹、よろい戸など、明治時代のいわゆる異人館の様式をそのまま受け継いでいます。

ラインの館
ラインの館

建物は主屋と付属屋からなり、主屋は庭のほぼ中央に南面して建ち、1階の開放されたベランダは、異人館様式をよく残しています。ベイ・ウィンドーは東側に一つ、西側に二つあり、1階は応接間、居間、食堂、2階は寝室が配置されていました。

建築主はJ.R.ドレウェル夫人(J.R.Drewell)で、フランス人として来日し、明治9年当時大阪造幣寮の御雇外国人であったイタリア人マンチーニ氏と結婚しました。しかし同13年マンチーニ氏が死亡したため、ドレウェル氏と再婚しています。

ラインの館という愛称はライン川(河)とは関係なく、館の下見板の横線(ライン)が美しいということから、昭和53年の一般公開の際にこの館の愛称を公募した結果、「ラインの館」となりました。

さきの震災では、煙突の落下や内部の壁のひび割れなどの被害を受けたため、修復工事を行っております。

【建築主】J.R.ドレウェル【所在地】神戸市中央区北野町2-10-24【構造規模】 木造2階建、寄棟造、桟瓦葺 1階211.00㎡/2階204.35㎡ 計415.35㎡ 敷地 903.60㎡【建築年代】大正4年【所有者】神戸市【国指定重要文化財 指定年月日】 昭和55年1月21日

フロアガイド

ラインの館1階 ラインの館2階

ページトップへ

新着情報

Copyright(C)2013 kazamidorinoyakata. All rights reserved.